Happy Wardrobe―幸せの”衣装”を君に。

こんにちは。
今日は「ハッピーワードローブ」のレビューで御座います。続きにてどうぞ。

【製品名】Happy Wardrobe
【メーカー】Shallot/株式会社エフォルダム(http://www.shallotsoft.com/
【対応OS】Windows 2000/XP/Vista(当方にてWindows 7 Enterprise x64 JPNでの動作を検証済み)
【ディスクレス起動の可否】可(ただし要認証)
【修正パッチ】執筆時点ではなし
【シナリオ】

「私が創りたい舞台はね──── 世界でたったひとつの恋物語、だよ」

両親の影響で、子どもの頃から女装コスプレをさせられていた舞庭明人。
おかげで明人は女装もコスプレも衣装作りも大嫌いになっていた。
けれども、志望校の下見として夕栄(ゆうえい)学院のオープンスクールに参加した際、明人は演劇部の舞台を前にして心を奪われる。
主役を演じていた彼女を着飾ってみたいと、初めて自分から衣装作りに乗り出した。

翌年の春。
夕栄学院に入学した明人は、探していた彼女──雨ヶ谷爽乃のために演劇部に入ろうとするのだが、演劇部は部員不足からすでに廃部となっていた。
明人は爽乃にまた舞台に立ってもらうため、演劇部を復活させようと奔走する。
演劇は素人ばかりの仲間を集め、どうにか再発足した夕栄学院演劇部。
明人たちは唯一の演劇経験者である爽乃の指導のもとに、まずは学園祭の舞台を目指すことになるのだが───

(Getchu.com商品説明ページより引用)

【シナリオ】
シナリオは上々といった感じ。
選択肢は一個しか在りませんが。
主人公とヒロインとの両方の視点が在るのはいいかもしれませんね。

後はネタ要素が比較的多い部類に入るんですかねー。

以下各ルートの感想。
・千堂蒔
えーっと(^^;
あんまり覚えてないです…。すいません(ェ

・雨ヶ谷爽乃
どう見てもメインヒロインです有り難う御座いました。
中々不思議な√だった訳ですが、まさかまさか境界性パーソナリティ障害(Borderline Personality Disorder)のネタがやってくるとは思いませんでした。
後彼女の√は百合じゃないから。だまされたーァ!

・守良雪見
なんだろ興味が無くて適当にやった記憶しかないわw
パッケージ見てもらえればわかりますが、彼女はシナリオに於いても特異な存在として位置づけられていますからねー。
シナリオでも「彼女のルートのエンド以外では」常に裏方として存在していますしね。特に実恋子の√ではその裏方さがスパイスですけどね。

・小瀬友奏
単なる単純元気馬鹿娘かと思っていたら全然違った件。
色覚異常がキーワードですよ。その発想はなかった。

・舞庭実恋子
何だかなー。演劇抜きにしてもいけそうな√なのが惜しい。そういえば実妹だったな。忘れてたわ。

以上概観ですが、基本的なポイントは押さえてあって、悪くないです。

シナリオ:16/20(薄味なのがちょっと…)

【システム】
大概必要な機能は実装していますが、ボイスが延々再生される(文章が進んでいてもボイスがついてこない)設定がデフォルトで且つ無効化できないのは如何なものかと思います。
後、キーボードオペレーションが殆ど使えないのはちょっと…。
だいたい何で吉里吉里使ってるのにこんな状態なのかと…。

システム:14/20(以上の通り)

【楽曲】
OP/ED曲はボーカル:榊原ゆい、Produced by Barbarian On The Grooveな「コンフォート」です。榊原ゆいと聞くと「さくらフィロソフィー」とか「Happy Leap」とか「Prism Knight~虹色の記憶~」とかのイメージが強く、どちらかというとこういう澄んだ曲は珍しいのではないかと思います。私も珍しく気に入ってしまいました。

BGMは25曲(コンフォート Orgl Ver.含む)。曲名とタイトルの不一致はあるような気もしますが、雰囲気にはあっていて、非常にいい感じです。

楽曲:19/20(ED曲は欲しかったなぁ)

【グラフィック】
グラフィックは笹弘氏のもの。確かどっかで陵辱系小説の挿絵をやっていたと思います(お兄さんビックリだ。しかもその作品なぜか知ってたしw)。

絵は癖が強く、ちょっと…と思ってしまうかもしれません。まぁでも、大きく崩壊することもないので、そのままのイメージでいける分、”看板に偽りなし”といったところでしょうか。

個人的には雨ヶ谷爽乃のグラフィックが好きです。

グラフィック:19/20(癖が強いですからねー)

【声優陣】
声優陣は以下の通り。(いずれも敬称略)

千堂蒔:金田まひる
雨ヶ谷爽乃:榊原ゆい
守良雪見:雪都さお梨
小瀬友奏:小倉結衣
舞庭実恋子:ヒマリ
来女木慎二:原田友貴
椎名:七生みこと
小瀬伴:水島理音
守良:氷室省吾

雨ヶ谷爽乃役の榊原ゆいさんと千堂蒔役の金田まひるさんしか知らない件。
まぁ外れ役はいないですからね。

声優陣:20/20(ノーコメントとしか・・・)

【総評】
88/100
お勧め度:A-
初心に返りたい人とか、初心者向けの淡い恋物語。なれると薄味になってしまうのがこういう作品の諸刃の剣な部分だとは思いますがね。
80点代後半と高評価ですが、システム面に難あり。覚悟を決めておいてください。認証システム自体はソフパルと違い国産らしく普通に動作しますが、本体はちょっと…。

では。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中