オフィス2010リリース

こんばんは。
かなり時間がたってしまいましたが先日、Microsoft Office 2010(及び関連コンポーネント)のリリースと相成りましたね。
ここで、一応おさらいしておきたいのは、そのエディション構成です。
Office 2007では、Personal、Standard、Professional、Ultimate(以上パッケージ)、Professional Plus、Enterprise(以上二つはボリュームライセンスのみ)の6つあったエディションが、再構成され、以下のようになりました。

・Personal…従来通り、Word/Excel/Outlook/IMEの構成。
・Home and Business…従来のStandard Editionに代わる位置づけか。Personalに加え、PowerPoint/OneNoteを搭載。
・Professional…Home and BusinessにAccessなどを追加した製品。
・Professional Plus…ボリュームライセンスのみの最上位エディション。

プレインストールにおいても、従来はPowerPointを含まないPersonal Editionをプレインストールしたパソコンが多かったのですが(上位機種では、「Microsoft Office Pesonal Edition 2007 with PowerPoint 2007」という日本独自のエディション構成のもありましたけど)、今バージョンからは、Home and Businessをプレインストールしたパソコンが増えるようで、うれしい限りです。

ただし、プレインストール製品では大事な変更もあります。従来は、既にライセンス認証が完了した状態で出荷されていたのですが、今バージョンより、ライセンス認証されない形で出荷されるように変更されました(世界標準に合わせた形に)。なので、パッケージは絶対に捨てず(ライセンス認証時に必要なプロダクトキーが貼付されているため)、大事に保管してくださいね。

まぁ…自分はどうせOffice Professional Academic 2010を買うんでしょうけど…。
あ、ヨドバシ価格なんですが、やっぱりAcademicは圧倒的に安いですね…。通常版だと躊躇しちゃう価格ですが、Academicなら何とか購入可能なラインですよ…。

ここからはITプロとしての視点でお話ししますけど、Office 2007で採用されたリボンUIの徹底した採用(従来はWord/Excel/PowerPoint/AccessとOutlookの一部のみで採用)はやはり大きいと思います。
また、エンタープライズ環境においては、VA2.0(Volume Activation v2.0)の採用というのも見逃せない変更かと思われます。従来のOfficeでは、VA1.0と呼ばれるライセンス認証が不要なシステムだったのですが、Office 2010からは、Windows Vista/Server 2008以降と同様なMAK/KMSによるライセンス認証が必要になっています。

なお、セットアップシステムには大きな変更はなく、Office 2007と同様に、MSPをUpdateフォルダに放り込むだけで統合インストールを成立させられる形になっています。

では。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中