富士通 FMV LIFEBOOK S8230ドライバ覚え書き

こんばんは。
前々回のエントリで取り上げたとおり、日本橋でジャンク扱いの富士通 FMV LIFEBOOK S8230を引き取ってきたわけですが、ドライバを捜すのに中々苦労しましたので、ここにメモ代わりに書き留めておきます。
*日本橋の某ショップにはS8230がまだまだあったので、もしかしたらそういう人たちの福音になるかもとおもってはいますが、一応無責任・無保証ということで。

<<ベンダードライバが使えるもの>>
Intel Chipset Software Installation Utility

Intel Rapid Storage Technologies
 ※Windows XPでAHCIモードを利用するには、F6インストール用ドライバを統合する必要あり。

Intel Graphics Media Accelerator Driver for Mobile

Realtek High Definition Audio

<<富士通から公式にドライバの提供のあるもの>>
Marvell Yukon Gigabit Ethernet Controller

Synaptics TouchPad Driver

<<米国富士通から他機種用ドライバを流用するもの>>
・Fujitsu FUJ02B1(ACPIドライバ)
・Fujitsu FUJ02E3(Fujitsu System Extension Utility)
※以上二種類のデバイスは、「不明なデバイス」として認識されています。
※以上二種類のデバイスドライバは、Lifebook U1010用ドライバ(http://www.pc-ap.fujitsu.com/support/drv_lb_wxp_u1010.html)を流用します。ハードウェアIDでページ内検索して、合致するドライバを利用してください。
※手元のS8230にはないのですが、セキュリティチップユーティリティ、FeliCaポート搭載モデル等もありますので、それらはメーカー公式ドライバが利用可能です。

普通に使うだけなら、Intel Core Duo T2300E(1.66GHz)、メモリ2GB(標準搭載量は512MBですけど…)、日立製HDD60GB(実搭載量で書いてます。スペック表上は80GB)、Intel 945G Express Chipset Family内蔵グラフィックスですから、中々いい製品だと思うんですけどね(キーストロークも自分好みだし)。難点を一つあげるとすれば、1024×768ピクセルしかない13.3インチ液晶か…。
まぁこの解像度のおかげでIntel Graphics Media Accelerator for Mobileを流用できるわけで(東芝dynabook TX980LSBBは1280×800ピクセルだったのでIntel謹製ドライバはそのままでは流用不可です)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中